読書

【妻は他人だから夫婦は面白い】さわぐちけいすけの考え方に学ぶ

はいどうも、やぎです。

今日はこの本の紹介

さわぐちけいすけさんってTwitterで知ってて、

時々つぶやく漫画を面白いなーって観てました。

それを1冊にしました!っていうのがこの本ですね。

さわぐちさんの描く漫画で好きなところは

さわぐちさん夫婦のゆるさ

さわぐちさん夫婦のいいなって思うのは、

ふたりの距離感。

ふたりとも自立していて、互いが互いの好きなことや

個性を尊重していて、過度に期待や干渉することなく

過ごしている、そんなところがいいです。

描写がミニマルで面白い

これぞ「ミニマル」!!!って感じです。

どういうことかというと、人の心情や考え方を「強調」しているということです。

背景や細かい書き込みなどの無駄を削ぎ落として、

表現したいこと(人の心理とか)を強調している感じです。

だからこそ、余計なものを描き込まないからこそ、

「ひと」に焦点が合って、登場人物のキャラクターが際立つことで、

そのキャラクターに共感できたり、感情移入しやすいんじゃないかなー

と思います。

価値観&考え方

上に書いた通り、描写はもちろんですが、

さわぐちさんの自身の価値観や考え方がすごく伝わってきます。

そして、その価値観、考え方にめちゃめちゃ共感できます。

 

例えば、この本では「考察視野」という、

考えや価値観を広げようみたいな話がありますが、この話が

すごく納得できます。

 

ふたりの人間がいると、お互いの考えが共通している「共通の考え」と

お互いの考えが異なる「それぞれの考え」の2種類が生まれます。

夫婦でいうと夫と妻の間で、「共通の考え」と「それぞれの考え」が

生まれることになります。

「共通の考え」を見るのは楽ですよね。お互いがもともと持っている

考えだからです。

一方で、「それぞれの考え」は見えづらい。

もともと持っていない考えだし、それを伝える、伝えられるを

適切に行わないといけないからです。

自分と異なる考えをお互いが排除してしまうと、

「共通の考え」にしかたどり着かなくなって、

考え方や価値観、視野が狭められてしまうと思います。

だからこそ、お互いが「それぞれの考え方」を尊重してみることで、

新しい視野や考え方、価値観を取り入れて、楽しく過ごすことに

つながります。

ただ、「それぞれの考え方」は相手に無理強いするものでは決してないので、

考え方の一つとして尊重できればいいのかなーと思います。

理想の夫婦像

みたいな話です。

これにはすごい納得したし、共感して、

「これが理想の夫婦像か!!!」

ってなってめちゃめちゃ参考になりました。笑

妻(私はまだいないですが笑)やその他の様々な人と関わっていく中での、

考え方や価値観についてすごく考えさせられる本です。

中身は全部マンガですごく読みやすいので、みなさんもぜひ読んでみてください。

1時間もあれば読めるよ!

それでは!

P.S.ちなみに私は、あとがきに出てくる編集者の長瀬さん推しです。

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。