読書

【週40時間の自由をつくる超時間術】会社員にぜひ読んでほしい本!

はいどうも、やぎです!

今日は、ずっと気になっていた本読んだので紹介していきます!

週40時間の自由をつくる超時間術
メンタリストDaiGo
実務教育出版

 

正直に言いますと、毎日

「時間が足りない!!」

「俺だけ1日30時間くらいにならないかな?」

って思っている今日この頃でして。

 

この記事読んでくれている人の中にも、同じようなこと思っている人がいると思います。

そういった方には、まずこの本を読んでほしいです。(DaiGoさんの回し者ではありません笑)

 

というわけで、時間をかけずに読んでいただきたいので、私自身が

「めちゃめちゃ重要!!納得!!!今日からやってみるわ!!!」

って感じたところをお伝えしていきたいと思います。5分くらいで読めます。

週に40時間の自由な時間がある

そもそも、前提として「時間がない」って感じている人たちが多いと思いますが、

意外とそうでもないみたいです。

OECD発表の「労働時間の推移」では年間労働時間は

1970年代→約2200時間

2016年→約1713時間

だそうで、「世界中人が実際に仕事に使っている時間の合計は過去40年間でまったく増えていないどころか少なくなっている。実は毎週30~40時間の自由な時間を余らせている

とのことです。

じゃあどこにその時間が消えているんだって話ですよね。

 

理由はシンプルで、今この瞬間に意識が向いていないことです。

特に時間が無いと感じている人って「忙しい」っていう言葉を使うことが多いと思います。

これが問題で、「忙しい」って言葉を使うと、意識が過去(前もってやらなければならないけど放置してたこと)や未来(先に控えている締め切りとか)に向かってしまいます。

その結果、今この瞬間に集中できず、生産性が低下するようです。

本来であれば余計なことは考えずに、やるべきことに集中していれば終わっているかもしれないのに、無意識に不安になり現実逃避に走る人や、スマホやメールのチェックなど関係のないことをしている場合もあります。

しかもここからが問題で、

「時間が無いと感じる」→「焦り・不安」→「生産性が低下」→「物理的に本当に時間が足りなくなる」→「時間が足りないと感じる」→(以下ループ)

という、負のスパイラルに突入します。

でも

「そんなことはわかってる」

「でも本当に時間がないから困ってるんだ」

ってなりますよね?

私はなりました。笑

そんな私がこの本でやってみようと思う解決策を3つ紹介します。

時間に対する言葉遣いを変える

「忙しい」→「今日めっちゃ充実してるやん!!」

発する言葉を変えましょう。笑

そんなことかよってなるかもしれないですが、シンプルisベストです。

ワルシャワ大学の研究チームの研究結果でも成果がでているようです。

時間の感覚を正常にする

タスクシフト

これは「30分レポート書いたら、プレゼン資料を作る」的な時間を決めてタスクに取り掛かることです。タイマーをセットして実行します。

重要なのは「時間が伸びる感覚を味わうこと」で、作業を終わらせること自体ではないんです。

時間をあらかじめ決めておくほうが、気まぐれで決めるよりも脳が混乱しにくく、リラックスできるため、生産性も上がるみたいです。

ここでプラスでやりたいのが時間感覚日記です。

自分の時間をきちんと把握できて、「意外と時間あるな、なんでもこなせそう!」っていう

感覚を10点として評価していく、タスクシフトした時に自己採点していくっていう感じです。

感覚のラベリングで時間感覚をコントロール

感覚のラベリング

これは時間が無いと焦っている時や、いやな状況、イラっとする状況をイメージしてみてください。

例えば、スーパーでレジにならんでいたけど、横からわけわからんおっさんが割り込んできたとします。

普段なら単純にイラっとして終わりです。

感覚のラベリングを使うと、「おーっと、やぎ氏いらいらしてきているー。どうした?怒っているのかー?」みたいな感じで自分の感情を実況します。

これやると時間に対しての焦りとか不安、イライラしている自分があほらしく思えて、集中できるようになったりします。

つまり、自分が客観的に見えてきて、すべきことがわかりやすくなるのです。

時間のまとめ

こんな感じで3つまとめてみました。

読んだのがおとといなので、ぜんぜんまだまだ試せていないですが、

2日たっただけでも、すこーしずつ「意外と時間ってあったんだな・・・」って

思ってきているのでしばらく続けていきたいと思います。

今回、3つしか解決策紹介してないですが、この本は解決策のオンパレードです。

リフレーミング、セルフエフィカシー(自己効力感)、スモールゴール、コーピングレパートリーなど、難しい言葉いろいろ並べましたが、すごく参考になると思います。

 

「私、忙しい。」

「最近、やりたいことができていない」

と感じている方にぜひ1度読んでみてほしいです。

この本自体も1時間くらいあればざっと読むことができます。

めちゃめちゃ読みやすいですよ。

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。