ライフ

【ジュラシックワールド炎の王国】ぜひ4DXで劇場へ!見どころ紹介するよ!

はいどうも、やぎです!

7月13日公開のジュラシックワールド炎の王国を見てきたので見どころを紹介していきますよ!

まずはあらすじから!

 

王道ストーリー&オーウェンとブルーの絆がアツい。

あの大惨事から3年

大人気テーマパーク「ジュラシックワールド」は放棄され、恐竜たちは大自然で自由に生活を始めていた。

しかし、島で火山噴火の予兆がとらえられていた。

迫りくる危機的状況の中、恐竜たちの生死を自然にゆだねるか、命をかけて救い出すか。

人間を救うためではなく、恐竜のための選択を迫られる。

ジュラシックワールド公式サイトより

 


感想を一言で言うと、

 

最高!!!!!

 

今回のジュラシックもこれぞスピルバーグっていう「THE 王道」の映画!

ストーリーはぶっちゃけいつも通りです。笑

 

今回はテーマパークの運営とかではなく、恐竜を救うっていうのがテーマなので、

恐竜を火山の島から助けよう→ハプニング発生!!!→恐竜ヤバい、悪役もヤバい→絶体絶命→一発逆転→めでたし

的な流れです。シンプルイズベスト。なんだかんだ言って大好きです、王道ストーリー。

 

特によかったのは、主人公のオーウェンとラプトルのブルーの信頼関係・絆。

これは前作から引き続いてるんですが、本作ではそれがより強調されていました。

前作ではわからなかった2人の過去も明かされます。なおさら絆の深さが伝わります。

 

そしてストーリーはもちろん、映像美と迫力がすごいです。

 

4D(MX4D)が最高にイかしてる

本作はぜひ4Dで見てほしいです。

そもそも4Dって何?って方もいると思うので簡単に説明していきます。

 

2D、3D、IMAX → 鑑賞

4D(4DX、MX4D) → 体験

 

つまり4Dっていうのは体験に近い形での映画鑑賞のスタイルです。

映像に合わせて、座席が動く、風が起きる、においがする、水がでる、etc…といった感じです。

ディズニーやUSJのアトラクションをイメージしてもらえるとわかりやすいです。

ただアトラクションほど大きく動くことはなく、あくまで映画鑑賞を前提とした体験をすることができます。

 

そしてこの「体験」が、本作とかなりマッチしていています。

ジャングルの雰囲気、恐竜に追いつめられる緊張感、火山の噴火に巻き込まれる臨場感を味わうことができます。

座席が揺れるし、風は吹くし、地面の草のにおいはするし、劇場内でもめちゃめちゃ光る、など映像と合わせた体験は迫力が倍増します。

 

とにかく聞くよりも、1回体験してほしいです。

そこには感動があると思います。ぜひ。

 

※ちなみに4Dになると1000円ほど割高になるのでそこだけは注意です。笑

 

前作を見てから行くべし!

前作は観てから行きましょう。笑

観てから来いって言われてるんじゃないかってくらい主人公たちの説明が少ない。笑

主人公のクレアしかりオーウェンしかり。

この2人、出だしから何の説明もなく信頼関係がすごいので。

前作観てないと展開についていけないかもです。

 

というわけで7/13日から公開されたジュラシックワールド炎の王国。

海の日含めた3連休から夏休みまで、この夏一押しの映画です!!

絶対見るべし!

 

 

 

追伸

今作もクレアおばさんはかわいいですよ。笑

 

 

 

 

 

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。