朝活

朝活成功の5つの秘訣-朝6時に起きる方法-

「朝早く起きられない」

「夜遅くまで起きてしまう」

「一回起きるけど二度寝しちゃう」

そんな悩みに答えます!

この記事の内容

朝活成功の5つの秘訣

① 朝起きる目的を明確にする

② 3日間は意地で起きる

③ 朝起きる習慣よりも夜寝る習慣

④ 起きたら速攻体を動かす(散歩とかラジオ体操、おすすめは「でんぐりがえり」)

⑤ 朝活仲間を増やす

はい、どうもやぎです!

7月から朝活を始めて6時起きが習慣化してきました。

僕は朝活を始める前までは、9時とか10時ごろに起きることが多かったんです。8時ごろ起きても二度寝することがほとんどでした。

そんな僕でも、今は元気に朝6時に起きてバッチリ活動を始めています。

では、朝全然起きられなかったぼくがどうやって朝活に成功しているか、紹介していこうと思います。

今回は、6時起床を目標に5つの秘訣をまとめてみました。(科学的根拠はないのであしからず笑)

朝起きる目的とやることを明確にする

このページを読みに来ていただいた方は少なからず、「早起きしたい」、「朝活したい」と思っているんじゃないでしょうか。

では、なぜ「早起きしたい」、「朝活したい」と考えていますか?

朝活をしたり、早起きするには「目的」が必要です。

僕の場合は、会社員なので自分のやりたいことをやろうと思ったら、2時間や3時間というまとまった時間を確保したいと思っていました。

そして今やりたいことというのは、こうやってブログを書くことです。

そのために朝活をしています。

なぜ目的が必要かというと、やることが決まっていないと100%朝起きられなくなるからです。

さらに言うと、目的だけじゃなく、具体的にやることが決まっていない場合も起きられなくなります。

なので、まずなぜ早起きをしたいのか、そして朝起きて具体的に何をするのかを決めましょう。

おすすめは、最初はできる限り毎日、毎朝同じことを続けることです。

例えば、

「1日目はなんとなく英語をする」

「2日目にはなんとなく筋トレをする」

「3日目はなんとなく本を読む」

というよりも、

「毎朝ブログを1000文字書く」

「毎朝ランニングをする」

などのように、朝起きてからすることは、最初のうちは同じことにしましょう。

理由は、まず朝にあれこれ考えずに起きられるようにするためです。

朝起きてから毎日違うことをしようとすると、頭の切り替えをしないといけなくなります。

頭の切り替えは脳にとっては思っている以上に大変です。

朝どうにか目覚めてもベッドの上で「今日起きてから何しないといけないんだっけ?うーん、、、zzz」みたいなることになってしまいます。

朝起きてからやることが決まっていると、「起きたー!よっしゃ水飲んでブログ書くぞ!」

というように何も考えなくても、やるべきことが決まっているので、起きやすくなります。

3日間は意地で起きる

さっそく精神論で申し訳ない笑

ぼくもホントは科学的な根拠に基づいて、「夜はこういう食べ物食べたほうがいい」とか、「お風呂は就寝の何時間前に入るべし」みたいなこと書きたい。

でも、みんなもそういうのあんまり知っててもやんないでしょ?(責任転嫁)

だから、一回知識とか取っ払って、意地で起きましょう。

そして①で説明したように、目的が決まったら明日の朝から早起き生活が始まります。

さっそく目覚ましをセットです。

ちなみに僕は3つ目覚ましをセットしてます。

1つ目は枕元にiPhone。

2つ目は5歩先くらいのテーブルにiPad。

3つ目は近くの机のAmazon echoです。

未だにこうしないと起きられない日もあるのが悔しいですが笑

1つ目に関してはいつもみなさんも同様のことをしていると思います。

2つ目の歩かないと止められない位置に目覚ましは結構効きます。

嫌でも立ち上がらないといけなくなるので。

そして3つ目のAmazon echoがポイント。

Amazon echoっていうのは、スマートスピーカーといって音声で操作する端末です。

要するに目覚ましがなったら「アレクサ、目覚まし止めて」と言ってから止めます。(アレクサとはAmazon echoに搭載されているAIの名前)

つまり起きてから声を発することになるんです。

特に1人暮らしの方だと、起きてから喋ることってあんまりないと思います。

そして、声を出すと意外なほど目が覚めてきます。

スマートスピーカーには、Amazon echoのほかにもGoogle Home や LINE Clovaなどがあります。

音楽が流せたり、ニュースが聞けたり、使用用途は様々なので興味があるかたは調べてみてください。

ここまで、起きる手段の説明をしてきましたが、最終的に一番重要なのは「朝絶対に起きてやる」という固い意志なのでそこは忘れずに笑(精神論)

ちなみに3日間と設定したのは次の説明に繋がりますが、3日間も朝早起きすると夜眠くなるのが確実に早くなります。

その間一日でもサボっちゃうとまた、また夜寝るのが遅くなる可能性があるのでまず3日間は続けるのがおすすめです。

朝起きる習慣よりも夜寝る習慣

「いい朝は、いい夜から」です。

というわけで、朝意地で起き始めたら、だんだん夜眠くなるのが早くなってくるかと思います。

眠くなったら大人しく寝ましょう。

ぼくは6時までには起きたいので、目標は24時までに寝ることです。

寝る目安として、23時半にタイマーをかけて寝る準備を始めるようにしています。

「やりたいこと・やるべきことが終わってなくてすぐに寝られない」もちろんそんな日もあるでしょう。

そんな時でも、とにかく可能な限り早く寝る。少しでも早く終わらせて早く寝る。

起きる意志と同じくらいもしくはそれ以上に寝る意志が大切です。

もし朝の1時間でも大丈夫なら、朝にまわす。

とにかく朝できることは朝やる。

夜は早く寝る。

シンプルですが、これがかなり重要なんです。

そして、朝やることを夜に決めて寝ましょう。

夜に明日朝することを明確にして、イメージしながら寝る。

ざっくりで全然大丈夫です。

ポイントは、考えずに行動に移せるようにして、なるべく余計に脳を使わないようにすることです。

ちなみにこれがぼくが書いてるやつです。

超てきとうでしょ?笑

でもこれをやるのとやらないのでは、かなり変わってくるので是非やってみてほしいです。

起きたらまずは体を動かそう!

朝起きてから10分くらい散歩がおすすめです。

陽の光に当たると目が覚めやすくなります。

これに関する研究が確かどっかで読みましたが忘れました笑

あとはラジオ体操も結構おすすめです。

どっちも今はあんまりやってませんが笑

個人的に今おすすめなのは、起きてから「でんぐりがえり」することです。

シュールでしょ。目、覚めます。

iPad止めに行くとき、でんぐりがえり。

ベッドに戻りたい。でんぐりがえり。

二度寝したい。でんぐりがえり。

目、覚めます。

朝活仲間を増やす

最後になりましたが、これはかなり力になったと思っています。

ぼくは朝活チャレンジサロン(通称、朝活チャレサロン: @asachalle)というオンラインサロンに入ってから早起きができるようになりました。

友達でもいいし、Twitterでもいい。

朝活したいって人は意外と多いです。

そういう人たちをフォローやリプライして他に朝活やっている人と積極的につながっていくのはおすすめです。

何なら自分でそういう人たち募ってみてもいいかもしれません。

そうでなくても、例えば自分でTwitterなどで朝活アカウントを作ってみて発信していく。

上に挙げた4つとは別のアプローチでも朝活のやりかたは、たっくさんあります。

最終的には試行錯誤してみて、自分なりの朝活のかたちを作ってもらえたらなと思います。

そのキッカケとして、ぼくが書いた方法が少しでも参考になれば幸いです!

では、いい夜、いい朝を。

【週40時間の自由をつくる超時間術】会社員にぜひ読んでほしい本!はいどうも、やぎです! 今日は、ずっと気になっていた本読んだので紹介していきます! 週40時間の自由をつくる超時間術 メンタリ...
ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。