ライフ

最速のタイピング??【初心者】親指シフトを1週間でマスターします【その1】

はいどうも、やぎです!

今日は親指シフトについて紹介していくよ!

「そもそも親指シフトって何っ?」

っていう方もいると思うのでまずは紹介からしていきたいと思います!

私は親指シフトを勉強するにあたってこちらの記事を参考にさせて頂きました。

最速の入力方法!?!?

日本人の9割の人がローマ字入力、1割がかな入力を利用しているみたいですが、

意外と知られていない第3の入力方法が親指シフトです。

親指シフトは最速の入力方法とも謳われていて(かっこいい笑)、

ちなみに親指シフトをマスターすると,ローマ字入力に比べて入力スピードが

1.7倍になるわれています。

 

じゃあなぜそんなに入力が速くなるのかってことですが、

ポイントはこれです。

 

1つのキーに2つの音が割り当てられている

 

多くの人が使っている「ローマ字入力」も「かな入力」も

1つのキーボードには1つの音が割り当てられてますが、

親指シフトは違います。

この2つの音を、「無変換」、「無変換」(それぞれホームポジションの親指がくるところ)を親指で切り替える、これが親指シフトです。

 

そして、この記事も親指シフトで書いています。

これが面白いほど超おっそいです。笑

おとといからやり始めて、今はまだ分速50字くらいです。

 

僕はローマ字入力が分速160字くらいなので、

まず今週中に160字目標で頑張ります。(10年くらいのキャリア差がありますが笑)

 

ただローマ字入力と同じスピードだと意味無いと思うので、

6月中に200文字!!!目標でいきます。

はじめたきっかけ

これはプロ無職るってぃさんの動画を見たのがきっかけ。


1:30あたりから親指シフトの話しますが、5分ちょっとの動画なのでせっかくだから全部見てほしい。

親指シフトもマスターしたら1つの自信につながるかなーと漠然と思ったんです。

そして、勝手に優越感に浸りたいから笑

練習風景

ちなみに僕の親指シフト練習風景がこれです。

 

左に入力画面、右に親指シフト用の配列表おいてます。

我ながら入力画面が気持ち悪い。笑

ちなみに入力配列もいくつか種類があるみたいですが、

僕はnicola配列というのを使ってます。

 

練習方法は、「あいうえお」から順に五十音をひたすら打ち込んでいくスタイルです。

「あいうえお」が打てるようになったら今度は「かきくけこ」を練習して「あいうえおかきくけこ」と打ってから「さしすけそ」を練習するみたいな流れです。

このやり方で4時間くらいで、一通りどのキーを打てばどの文字が出てくるかが大体わかってきました。

ただここからが勝負で、ひたすら五十音を打ち続けるのもだんだん飽きてくるので、

趣向を変えて今度は、親指シフト専用のタイピング練習サイト(親指タイピング|無料の親指シフト入力練習サイト)で、5時間くらい打ちました。

 

ただ、五十音の練習も、タイピングサイトの練習も30分やったら15~30分の休憩(本読んだり、筋トレしたり)をいれながらやりました。シンプルな方法ですがこれはタスクシフトっていうやり方を参考にしてます。

(詳しくはこちら↓)

はじめてのやる入力方法なの最初(というか今も)めちゃめちゃ頭使います。

集中力が長くは続かないので休憩入れながらをおすすめします。

練習あるのみ!!!

というわけで、紹介してきましたがここまでが1000文字くらいですが、

書くのに大体1時間半くらいかかってます。

まだまだ先は長いので頑張ります!

 

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。