ライフ

親指シフトの練習方法を紹介!

はい、どうもやぎです!

今日は親指シフトマスターへの道、『最終回』です!!!

前回、前々回の記事はこちら。

 

最速のタイピング??【初心者】親指シフトマスターへの道【その1】

最速のタイピング??【初心者】親指シフトマスターへの道【その2】

 

最終回なんですけど、振り返りも兼ねて、親指シフトって何?ってとこから、成果までまとめて紹介していきます!

親指シフトとは

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、改めて親指シフトについて紹介します!

親指シフトは、ローマ字入力、かな入力とも違う第3の入力方法で、最速のタイピング方法との呼び声高いやつです。

ちなみに親指シフトをマスターすると,ローマ字入力に比べて入力スピードが1.7倍になると言われています。

 

では、どういう入力方法なのか。

ポイントは1つのキーに2つ(以上)の音が割り当てられていることです。

多くの人が使っている「ローマ字入力」も「かな入力」も1つのキーに1つの音が割り当てられてますが、親指シフトは違います。

この割り当たっている音を、「無変換」、「無変換」(それぞれホームポジションの親指がくるところ)を親指で切り替える、これが親指シフトです。

参考サイト : 親指タイピング

親指シフトにもいくつか種類があるようですが、僕は導入するのがとても簡単だったので、「やまぶきR」というものを利用しています。

親指シフトやまぶきR導入方法

僕はこちらのサイト(やまぶきR: やまぶき作ってます)からzipファイルをダウンロードして、USBに入れて持ち歩いています。

親指シフトは下記の流れで使えるようになります。所要時間は10分くらいです。

zipファイルをダウンロード

USBにそのままコピー

解凍&yamabuki_r.exeを開く

.exeファイルを起動

初期設定

・タスクバーに表示されるアンコンを右クリックして設定へ。

・配列定義ファイルをNICOLAに。

・左親指シフトキーを無変換キーに。

・右親指シフトキーをスペースキーに。

・親指シフトキーの同時打鍵有効時間を設定したら完了!

 

let’s 親指シフト!

 

この流れで親指シフトを使うことができます。

ものくろぼっくす』というサイトの記事がとても詳しいのでよかったら参考にしてみてください。

親指シフトのやり方【Windows】たった5分で始める 必要なのはUSBメモリーだけ! やまぶきR 設定方法

親指シフトの練習時間は50時間

親指シフトをマスターするまでのタイムスケジュールはこんな感じ。

~15時間 : NICOLA配列を覚える(上のキーボードのこと)

~20時間 : 単語練習&短文練習(200文字)

~50時間 : 長文練習(200文字以上)

毎日30分から1時間くらい練習してました。休みの日は2時間くらい練習してる日も。。。

ポイントは①1分あたりのスピード、②正答率 の2つを意識して練習してました。

7月からの記録をざっと振り返ってみます。

目標はローマ字入力と同じ速度(160文字/分)で、かつ正答率95%以上にすること。

 

7/5 記録 : 85文字/分、正答率88%

ローマ字入力に比べて半分くらいのスピードでしか打ててない状態から。

6月に一度始めてて1週間くらいで挫折したのでこのくらいのスピードです。

ほんとに配列覚えただけの状態だと30文字/分くらいとかでした。笑

 

7/15 記録 : 124.8文字/分、正答率95%

2週間くらい経過して7月はじめのころより40文字/分くらい速くなりました。

 

7/22 記録 : 140文字/分 前後、正答率91%前後

約3週間でローマ字入力より20文字/分遅いくらいになってきた。正答率はまだまだ。

 

7/28 記録 : 157文字/分 前後、正答率 95%前後

4週経過でほぼローマ字入力と遜色無いくらいのスピードになってきた。

 

7/31 記録 : 161.6文字/分、正答率95%

7月最終日で目標達成!文章によっては180文字/分とかになる時もあったんですが、だいたいこのくらいに落ち着きました。

親指シフトを習得するために大切なこと

継続!!!

これにつきますね!笑

正直、ずっと慣れ親しんだ入力方法を変えるのはすごくエネルギーがいります。

継続するために必要なものは目的です。僕はブログを書いていきたいって思ってるので、タイピングが速くなるのは、すごくメリットがあります。7月まで毎日練習してきて、今は基本パソコンでの入力はすべて親指シフトでやっています。まだ、ローマ字入力のほうが速いし正確だと感じてますが、親指シフトは入力回数が少ないので、タイピングがすごく楽です。しかも8月末くらいにはローマ字入力よりも速くなるだろうなーって感じてます。

 

まとめると親指シフト入力に挑戦しようって考えている方は、まず習得する目的を考えてみるといいです。そして、やろうって決めたらめげずにまず1ヵ月頑張ってみてください!続けるためにTwitterなどで記録を発信するのも一つの手ですよ!

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。