旅行・観光

沖縄でダイビング!初心者でも楽しめる方法について!

はい、どうもやぎです!

先日、沖縄に帰省した際に慶良間諸島にスキューバダイビングしてきたんですが、めちゃめちゃよかったので紹介していきます。

ちなみに僕は沖縄出身(1年半前から佐賀在住)ですが、ダイビングは今回初めてで、しかもカナヅチで不安も多少あったんですが、そんな不安は吹き飛ばされました。

なので、ダイビング初めての方、「私、泳げないんだけど、、、」って方にもおすすめなので、沖縄に行くときはぜひやってみてほしいと思います!透明度ハンパなくってめちゃめちゃキレイで最高ですよ!!!

慶良間諸島1日体験ダイビング

ぼく自身、ダイビングをするのは初めてだったので、ダイビングツアーを利用しました。

お世話になったのはリーファーズさん。

プランがいくつかあるんですが、ぼくは『慶良間諸島1日ツアーダイビング&シュノーケリング』に参加しました。

概要とおすすめポイントです。

慶良間諸島1日ツアーダイビング&シュノーケリング

料金 : 14,500円

料金に含まれるもの : 乗船代、体験ダイビング指導料、ダイビング機材、お昼の弁当

時間 : 7:50 ~ 14:00

内容 :  2ダイビング(1回目にしっかりと教えてくれます)とシュノーケリング

おすすめポイント : 2ダイビングできて2回目がすごく楽しめるのと、水中での写真撮影をタダでしてくれる!(たくさんは頼めないとは思いますが笑)

スケジュール

ここからは本ツアーのスケジュールです。

 

7:50 那覇三重城港付近集合 → 15分くらい受付して出発

 

~ クルーズ船で移動~

この間に着替え&ダイビング時の簡単な注意点

 

9:30ごろ 第1スポットに到着!1ダイビング目!

※ここで申し込みをしたチームごとにわかれます。そしてチームごとにスタッフの方がついてくれてダイビングの方法ついて教えてくれます。

1ダイブ目はだいたい20~30分前後で終わります(詳しい時間覚えてない笑)が、ほかのチームが終わるまで空き時間でシュノーケリングができます。

 

11:00ごろ 第2スポットへ 2ダイブ目!!

1ダイブ目同様にチームに分かれて潜ります。1回目よりは慣れてきているのですぐに潜って海中を楽しむことができます。

また、お昼ご飯の弁当も出るので、ダイビング後に食べることができます。

 

12:00ごろ  第3スポットへ 3ダイブ目!!!

オプションで5,000円追加するともう1ダイブすることができます。今回徐々に台風が接近していてあまり魚がいないなって感じたので、ぼくはしなかったですが、まだまだ潜り足りないって方はぜひやったほうがいいと思います!波がやや高かったですがシュノーケリングをしていました。これはこれでよかったです。

 

14:00ごろ 帰港

料金の支払いをして解散です。水中で撮影してもらった写真は、ホームページもしくはFacebookページからダウンロードできます(QRコードがもらえます)

服装・準備したものなど

① 服装

水着にサンダルで行きました。羽織もあるといいかも(日よけ)。あと、船を走らせているときは風が強く意外と寒いので羽織はあるといいです。

 

② 準備したもの

・着替え : ダイビング後に着替え分です。

・酔い止め : 台風前だったのもあると思いますが船が結構ゆれます。乗船前に飲んでおいたほうがいいです。

・日焼け止め : ウェットスーツを着るのでそこまで焼けることはないですが、シュノーケリングの際に首元が焼けるので、特に首の後ろのほうに塗っておきましょう。ちなみにウェットスーツに日焼け止めが付くと取りにくいそうなので必要最小限の場所に塗ること!

・飲み物 : ポカリとお茶、水を持っていきました。船内でも水とお茶が準備されてますが、スポーツドリンクもあってよかったのでおすすめです。

初心者&泳げない方へ

「ダイビング挑戦したい!」、「やってみたい!」と思っても初めてで不安な方や普通に泳げなくて諦めている方いらっしゃると思います。ぼくもすべて当てはまってました。今回、ダイビング初めてだったし、そもそも俺あんまり泳げねぇって感じだったんですけどめちゃめちゃ楽しめました。なので、初心者&泳げない人が楽しむためのポイントを3つお伝えしたいと思います!

① 口呼吸と耳抜き

この2つができれば、ぶっちゃけなんとかなります。というか僕これしかできません!笑

まず口呼吸ですが、あ→い→うの順番でシュノーケルを加えます。あとは口でスーハースーハーを練習あるのみです。最初少し苦手な方もいるかもですが、慣れます。信じましょう。笑

次に耳抜きですが、僕もこれはてこずりました。耳抜きは水圧で鼓膜が痛くなるのを防ぐために、内側から圧力をかけなおす作業です。これができないと、潜るにつれてだんだん耳が痛くなります。耳抜きは鼻をつまんで鼻に向かって息を一気に吐く方法と、鼻をつまんで唾を飲み込む方法がありますが、前者がおすすめです。シュノーケルくわえながら唾飲めませんでしたし、唾出てこなかったです。笑 耳抜きは一回だけでなく、潜りながら定期的にやることが必要です。耳が痛くなる前、違和感を感じ始めたらやるようにしましょう。

とりあえずこの2ができるようになればどうにかなりました。

※ハンドサインも後から習いますが、2、3コ覚えるだけなので大丈夫です。

② ウェットスーツって浮くんです

恥ずかしながら僕このこと知らなかったんです。笑 泳げない方って沈む恐怖があると思いますが安心してください。

逆にダイビングは潜るために重りをつけます。一方でシュノーケリングは浮き輪も何もしなくても勝手に浮くのでめちゃめちゃ楽ですよ。ひたすらシュノーケリングを楽しむことができます。泳げない心配は無用でございます。

③ スタッフの方が親切!

船の移動時間にダイビングのポイントを教えてくれるのはもちろん、実際に呼吸の仕方など「できてるから安心して!」って励ましてくれたり、水中でバブルリング作って「僕の親、実はイルカなんだ」って笑わせてくれたりできる限りリラックスしてできるようにサポートしてくれます。

ダイビング最高!!!

とにかくダイビングはみんな1回は経験してほしいです!沖縄の海、めちゃめちゃキレイで、熱帯魚やサンゴもいーっぱい見ることができます。しかも運が良ければウミガメとも一緒に泳げたりもできます。やったことないと不安もあると思いますが、勇気を出してぜひチャレンジして頂けたらなーと思います!

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。