読書

多動力がKindle Unlimitedに追加されたので、まとめてみた。

はい、どうもやぎです。

先日、堀江貴文さんの「多動力」がKindle unlimitedに追加されました。

最近も何かと話題のホリエモンの本がkindle unlimited会員なら無料で読めます。

会員の方は今のうちにぜひ読んでおきましょう笑

Kindle UnlimitedはAmazonの読み放題サービス

先に、Kindle Unlimitedについて簡単に紹介しておきます。

これは、Amazonの読み放題サービスです。

月額980円で利用できて、初回は30日間無料になります。

継続しない場合は退会手続きをすれば良いので、まだ試したことのない方は是非一度利用してみるのをオススメします。

モチベーション革命」や「仕事は楽しいかね?」などの本も無料で読めるので、月1冊以上本を読む習慣がある方は試してみるといいかもしれません。

会員になるにはまずAmazon Primeに登録しましょう。

Amazon Primeのメリットについてまとめてみた。はい、どうもやぎです! 今回はAmazon Primeのメリットについてまとめてみました! Amazon Pri...

ということで、今回は「多動力」の内容についてまとめてみました!

『多動力』 堀江貴文

多動力

堀江貴文 著

News Picks × 幻冬舎

ここからは「多動力」の本の内容を紹介していきます。

そもそも「多動力」とは何か。

「多動力」とは何か。それは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことをいう。-「多動力」より抜粋

つまり、堀江さんのように何かひとつの仕事をしているわけではなく、経営もするし、オンラインサロン(HIU)の運営もする、メディアにも出るなど、幅広く活動している人や生き方のことですね。

「多動力」目次

ざっくりと「多動力」の内容をつかんでもらうために目次を紹介します。

第1章 一つの仕事をコツコツとやる時代は終わった

第2章 バカ真面目の洗脳を解け

第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

第4章 「自分の時間」を取り戻そう

第5章 自分の分身に働かせる裏技

第6章 世界最速仕事術

第7章 最強メンタルの育て方

第8章 人生に目的なんていらない

この本では、「多動力」を発揮するための考え方や行動の仕方について、各章ごとに異なった視点から書かれています。

第1章~3章は、「石の上にも三年」「バカ真面目」「バランス教育」のように1つのことを続けることや、みんな同じに育つようにする教育などの、これまでの価値観を転換する内容。

第4章~6章は、「多動力」を身につけるための具体的な方法、「時間の使い方」「仕事の質や量を向上させる方法」が書かれています。

第7章・8章は、「多動力」に発揮するために必要な内面的な要素や価値観・考え方についてです。

ここからは、「多動力」について、特に大切だと思った内容を2つ紹介していきます。

「多動力」に必要なのは「自分の時間」を取り戻すこと

まず大切なことは、「自分の時間」を取り戻すことだ。「他人の時間」を生かされている限り「多動力」は身につかない。 「自分の時間」を取り戻したうえで、仕事を効率良く進める工夫をする。-「多動力」より抜粋

「多動力」は多くのことを同時にこなすことです。そのためには、まず大切のことは「自分の時間」を増やすことです。

いくら効率化や質を上げても、母数となる時間が少なければ、できることが限られてきます。

だからこそ、1日24時間の中でいかに「自分の時間」、「自分がワクワクできる時間」を増やせるかが大切なんです。

3歳児のころは誰もが「多動力」を持っていた

実は、かつては誰もが「多動力」をもっていた。そう、あなたが3歳児だったころ、「多動力」は確実にあなたの中にたっぷりと備わっていたのだ。(中略)本書の冒頭にも書いたが、テスラ・モーターズCEOのイーロン・マスクは服を着られないらしい。服を着ている間に、次にやりたいことを思いついてしまうから、ボタンを留めることができないのだ。まるで3歳児がテレビやおもちゃに夢中になってしまって、いつまでたっても服を着替えられないのと同じである。だからこそ彼は、常識にとらわれず、「火星移住計画」を立てたり、ロサンゼルスの渋滞に不満を感じれば、いきなり地下にトンネルを掘り始めたりしてしまう。-「多動力」より抜粋

多くの人(ぼくも含めて)が、子供から大人になっていく過程で「多動力」がどんどんなくなっていきます。

それは「やりたいこと」ではなく、「やらなくてはいけないこと」をするように矯正されていくから。

学校や会社で、言われたことを必死にやって、自覚しない間に「自分で考えること」や「やりたいって感情」が徐々に失われていく。

だから、本を読んだり、もっといろんな人の生き方をみたりして、新しいことに対する興味を持ち続けたいなって思います。

いつまでも未知なるものを求め続ける「3歳児」であろう。-「多動力」より抜粋

「多動力」まとめ

「多動力」は大量の仕事をこなすための、技術ではない。命が果てるまで、1秒残らず人生を楽しみきるための、生き方である。本書『多動力』を読んだからといって、君自身が変革したわけではない。重要なことは、Just do it. Just do it.ただ実践することだ。失敗して転んでも、また実践する。膝がすり傷だらけになっても、子供のように毎日を夢中で過ごす。あれこれ考えるヒマがあったら、今すぐ、やってみよう!-「多動力」より抜粋

「多動力」を読んだら、本を閉じて動き出すことが一番ですね!

ぼくは「自分の時間を取り戻すこと」、「自分のやりたいことをやる努力」をしていこうと思います。

みなさんも、よかったら「多動力」を読んで、自分の人生を楽しく生きるための参考にしてみてください!

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。