ライフ

【次はコレ!?】Instagramから本格動画アプリ!その名も「IGTV」。ざっくり使い方紹介していくよ!

はいどうも、やぎです!

Instagramが本格動画アプリ「IGTV」を6月20日に公開したらしい。

IGTV→Instagram TV(インスタグラムテレビ)ってことですね。

さっそくダウンロードしてみました!

ということで今回はこの「IGTV」について簡単に紹介していきます!

ダウンロードとログイン

IGTVはiOSおよびAndroid両方でダウンロードすることができます。

 

お馴染みのInstagramのとなりのアイコンがIGTV。

ダウンロードして、開くとInstagram登録者はそのままログインしていくことができます。

Instagramのフォロー&フォロワー関係がそのままこちらにも反映されるようです。

 

ログインすると、すぐに動画の画面になって再生が始まります。

これは「IGTV」というだけあって、テレビと同じようにアプリを開くとすぐに何かしらの動画が再生されるというわけです。

Youtubeとも一緒ですね。

 

今回ダウンロードしたものの、Instagramのフォローしている人たちもまだ利用していないようだったので、フォロー中の人たちはわずかでした。

投稿方法

自分のページの右上「+」というところから動画を上げることができます。

発表では1時間までの動画が上げられるとのことだったんですが、実際にやってみると

動画は縦型で、長さは15秒から10分までにしてください」と出てきました。

後からアップデートがあるかもしれないですね。

  

投稿には、タイトルと詳細を記載することができました。

ただ注意点として、Instagramだと動画投稿やストーリーは、すべてアプリ内で直接撮影→アップロードが完結できるかと思いますが、IGTVでは、一度カメラアプリで撮影したものを投稿するというプロセスになります。

なので、使い勝手としてはInstagramのメインアプリがいいかもですね!

IGTV、ポイントをまとめると

・あらかじめ撮影・編集した動画を上げることができる。

・条件は、縦型・長さは15秒から10分(認証ユーザーで1時間)

・Instagramアプリと連動する

これからの動画アプリの王道になる?

利用者はIGTV内でチャンネルを作ってから動画を投稿していきます。

Instagramのストーリーのように直接動画投稿はできないため、使い方としては、Youtube同様あらかじめ編集した動画を上げることがメインになってくるかと思います。

ただ、Inastagram内からIGTVの動画も閲覧することができます。

 

写真、ストーリー(ショートムービー)はメインアプリ、長編動画はIGTV。

そしてIGTVでもYoutubeのように投稿者も広告費用を受け取ることができるようになれば

新しいユーザー(既存のYoutuberとか)を取り込めるようになってどんどん活性化していくと思います。

月間アクティブユーザーが10億人を突破したInstagram。

今後、ユーザーの使い方も変化して、新しい市場がどんどん生まれていきそうで楽しみです。

みんなも使ってみてください!

ABOUT ME
goat07
最近話題の情報をつぶやきます。 25歳。理系アパレル会社員。 コーヒーが好きです。 自由を探しています。